関係者
ページ

© 2021 YABUDUKA HONMACHI KINDERGARTEN.

やぶづかほんまち保育園

NEWS

ホームページリニューアルしました。

CONCEPT

みんな違って みんないい

色とりどりな優しいアーチは、やぶづかほんまち保育園そのものです。
色はクラスのカラーを表してもいますが、カラフルな子どもたちがカラフルな毎日をこの園で過ごせることを願って表現しました。
毎日が渦輝かしい色で満たされますように。

Philosophy

保育目標

  • 健康な心と体を育てる保育
  • たくさんの体験を通して、豊かな感性や表現力を育てる保育
  • 自分の思いを言葉で伝える楽しさを感じる保育
  • 好奇心や探究心を感じる保育
  • 相手を思いやる気持ち、自分を大切に思う気持ちを育てる保育

すべての子どもたち一人一人が「こころの種」をもってうまれた、宝物です。

こころの種に、たくさんの水、光、栄養をあげると、どんどん成長していきます。

子どもたちが育つ環境は、大切な水や光の役割を果たします。

保育者もたくさんある環境の一つです。

やぶづかほんまち保育園は、子どもたちが、おもいきり「笑って、泣いて、考えて」生き生きと成長する場所でありたいと思っています。

時には、わがままになっても自分の思いを伝えて欲しいと思っています。

子どもたちの「こころの種」はきれいに真っ直ぐ芽が伸びるだけでなく、色々な芽の伸び方をして、世界に一つしかない花を咲かせることでしょう。

伸び伸びと子どもたちの芽が伸びていけるよう、大人も子どもも、一人のひととしてお互いを尊重し、安心して過ごせる環境づくりにみんなで取り組んでいます。

がまん強く努力し思いやりのある子どもに育てます

  • 明るく元気で健やかな子

    基本的生活習慣を身につけます。

    友達とあそんだり、けんかをしたりする中で、自己主張を覚え、何かを我慢するという自己コントロールを学びます。

    朝は外遊びや体操、マラソン、リレー等で体を動かし一日をスタートさせます。

    体育指導、キッズコーディネーショントレーニングを通じて、体を動かす楽しさ、チャレンジ精神を育みます。

  • やさしく思いやりがあり協力する子

    異年齢交流の中で多くの人と関わる(コミュニケーション)力を育てます。

    マーチングを通して、協調性を養います。

    行事や組体操、マーチングなどを通して、ひとつのことを協力してやり遂げる楽しさを学びます。

  • 自分で考え判断し行動できる子

    自らあいさつができる子どもを育てます。

    自分の意思を伝えられる子どもに育てます。

    危険な遊び方や場所、遊具など、状況に応じて安全な行動ができる子どもを育てます。

  • 自分で考え判断し豊かな感性をもち、のびのび表現できる子

    行事を通じて、「できた!」という満足感を得て、自分でやろうとする意欲を育みます。

    絵本の読み聞かせを実践し、子どもの心の経験を豊かにします。

    本物の楽器に触れ、豊かな心を育てます。

    外国人講師のネイティブイングリッシュに触れ、英語を身近に感じさせます。いろいろな言葉や国がある事、いろいろな人がいることを知ります。

    科学教室を通じて自然の不思議を発見し、「考える力」「自分で試してみる力」を育てます。

Blog

日頃の様子